サマンサタバサバッグ通販情報館
スポンサードリンク

サマンサタバサとマリアシャラポア

サマンサタバサは女子プロテニスプレイヤーとして圧倒的な人気と実力を持つマリアシャラポワともコラボレーションを行っています。
その活動範囲は広告塔としてだけでなく、サマンサタバサのバッグのデザインを手がけるなど、サマンサタバサのブランドイメージの向上に大きく貢献しています。

以下にマリアシャラポアのプロフィールを書いておきますね。

誕生日 1987年4月19日
出生地 ロシア シベリア地区ニアガン
身長183cm

マリアシャラポアは技術者の父であるユーリと母のエレナの子として生まれて、テニスを始めたのは4歳のときからだったそうです。
マリアシャラポアが6歳の時にモスクワにおいてエキジビションマッチに出場して往年の名テニスプレイヤーであるマルチナナブラチロバの目にとまったのです。
6歳のマリアシャラポアは、父とともに、なけなしの900ドルを持ってアメリカに渡りフロリダのブラーデントンという地に流れ着いたそうです。
母が合流できたのは2年後になってしまったのですが、それまで決して裕福とはいえないながらもテニスを続け、9歳になってニックボロテリーテニスアカデミーという名門テニススクールに入りさらに実力を伸ばしたそうです。
オースチンやダベンポート、ピートサンプラス等といった大プレイヤーを育てたコーチとして知られるランズドルフのコーチを受けるため、大陸を横断してカリフォルニアまで遠征することもよくあったようです。
マリアシャラポアが16歳の時、2003年のウインブルドン大会では、ドキッチ等を破ってベスト16に進出して注目を集めたのは記憶に新しいところですね。その実力だけでなく、その美しさから、世間ではクルニコワ2世とまで騒がれました。
そして2003年にはジャパンオープンでも優勝を果たし、日本でもその人気、知名度ともにテニスファンの間だけでなく、一般にも大スターとなったのです。

一見、華やかに見えるマリアシャラポアですが、こんな影の苦労があったのですね。

今は、サマンサタバサの華やかさにピッタリの彼女です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3422856
Google