サマンサタバサバッグ通販情報館
スポンサードリンク

サマンサタバサってどれくらいの知名度?

今日は、少し違った視点からサマンサタバサを探っていきたいと思います。インターネットにおける検索回数におけるサマンサタバサというキーワードの需要です。私も調べてみましてかなり驚いてしまうような結果でした。どういうことかといいますうと、月間検索回数であのグッチより多いのです。サマンサタバサという語句で約20万回も検索されているんですね。サマンサタバサより多いブランドとしてはルイヴィトンなど数えるほどしかありません。これは、やっぱり寺田和正社長の広告展開とサマンサタバサというブランドを有名人を広告塔に起用する上でブランディングしていった事によるものなのではないでしょうか。複合キーワードではどうでしょうか?サマンサタバサという語句の次に検索sざれていますのが、サマンサタバサ バッグという語句のようです。これは約月間約2万回。関連の語句ではサマンサティアラという語句は月間約3万回です。急速にインターネットで検索されるようになってきたサマンサティアラなのですが、なぜ急に検索回数が伸びたのかといいますと、サマンサタバサが行っているキャンペーンの影響のようです。サマンサティアラbyイビョんホンで大々的なキャンペーンを開催中です。サマンサテイアラはバッグなどが中心のサマンサタバサにおいては少し異色のジュエリーを販売しています。来月は6月です。結婚式のシーズンになりますよね。そんな中、サマンサティアラのジュエリーやアクセサリーなどをお求めになるカップルも増えているようです。

サマンサタバサ唯一のアウトレット 軽井沢

サマンサタバサにアウトレットがあるのをご存知でしょうか?
軽井沢プリンスショッピングプラザ内にサマンサタバサの店舗が実際にあります。取り扱いブランドですが、メインブランドのサマンサタバサはもちろんサマンサベガ、オリジナルインポートブランドのバイオレットハンガーを加えたバッグ専門店となっています。前シーズンアイテムはもちろん安い価格で購入できますし、キャンペーンなどでなんと新作も半額などで手に入ってしまう事もあるようです。サマンサタバサを安く手に入れてみたい方。関東や中部地方などにお住まいの方や、旅行などで軽井沢までこられる際、一度、軽井沢プリンスショッピングプラザに立ち寄ってみるのもいいかもしれないですね。

サマンサタバサのこれから

サマンサタバサはこれからの未来にどんな希望を寄せているのでしょうか?

1994年に1ブランド・1シリーズのバッグのみでスタートしたサマンサタバサでしたが、現在ではバッグやジュエリーなどをあわせると実に11ブランドを展開しています。

国内企業が手がけている商品ならではである確かな品質、またオリジナリティー溢れるファッション性のある幅広いデザインが多くの人から支持され、いまや世界的なブランドへと成長を遂げつつあります。

2006年には、ついに海外では初の路面店をオープン。
ニューヨークの中心地であるマディソンアベニューに出店しました。

6年ほど前には、ニューヨーク出店に先駆けてショールームを開設しています。

高級デパートまたはセレクトショップなどで販売を実施し、マーケティング調査を継続して行っていたのです。

日本国内で着実に積み重ねてきたブランドイメージと多くの実績は初の海外出店に大きな後押しをしたといってよいでしょう。

世界の流行が発信されるニューヨークへ出店したことは、サマンサタバサが世界中で愛され親しまれ多くの人に憧れるブランドへと飛躍するための大きなステップとなるのではないでしょうか。

サマンサタバサってそもそも何?

サマンサタバサは、女性、特に若い世代を中心に大人気となっているバッグやアクセサリーなどを扱うブランドです。株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが企画・製造・販売を行っています。
サマンサタバサの歴史ですが、創始者はなんと日本人です。バッグ類の輸入会社を経営されていた寺田和正さんが1994年に創業した比較的新しいブランドです。
プロモーションモデルにはヴィクトリア・ベッカムヒルトン姉妹をはじめとして海外のセレブを積極的に起用するなど日本国内だけでなく海外戦略志向が非常に強くなっています。

サマンサタバサの歴史を紐解く。

サマンサタバサは比較的新しいブランドですが、その歴史を紐解いていきましょう。

1991年〜2006年までの歴史を順を追ってみていきます。

1991年10月 サマンサタバサ現代表取締役社長である寺田和正さんがバッグの輸入・販売を行う株式会社マックナブトレーディングを設立しました。 この会社が後のサマンサタバサの前進です。

1994年3月 寺田和正さんが全額出資し、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド設立しました。

1994年4月 サマンサタバサの1号店を渋谷パルコにオープンしました(渋谷パルコ店)

1995年9月 サマンサタバサの広告部門を担当する子会社の株式会社マクナリーを設立しました。

2000年10月 株式会社マックナブトレーディングが、株式会社サマンサタバサに商号変更します。同時に商品開発や店舗運営まで行う事になります。

2001年2月 株式会社テラダ・アンド・サンズをサマンサタバサの子会社とし、株式会社テラダ・アンド・サンズが店舗管理業務を任されるようになりました。

2002年9月 初の路面店となる「心斎橋店」をオープンしました。路面店を持つと言うブランド化を僅か8年で成し遂げてしまった事になります。

2003年6月 サマンサタバサの新たなる戦略としジュエリー事業を開始。

2003年12月 株式会社テラダ・アンド・サンズの株式を、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに譲渡すると同時に完全子会社化しました。

2004年3月 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが、株式会社サマンサタバサ、株式会社マクナリー株式会社テラダ・アンド・サンズの3社を吸収合併し、同時に本社を東京都港区北青山に移転しました。

2004年9月 東京・銀座に路面店をオープン!(パリスヒルトンや蛯原友里等の著名人も数多く来店しています)

2005年4月 サマンサブランドの目玉ともいえるサマンサタバサデラックス表参道GATE店をオープンさせます。

2005年10月 携帯端末向けコンテンツであるサマンサタバサワールドウォーカーを開設。

2005年12月 新興企業向けの株式市場である東証マザーズに上場。

2006年2月 モバイル事業を専門的に行う100%子会社の株式会社WW by Samantha Thavasaを設立しました。

以上がサマンサタバサの1994年〜2006年までの歴史になります。

比較的新しいブランドだけに、めまぐるしい販売戦略と商品展開を行っているのが特徴ですね。

時代の最先端を走る続けるトップブランドのひとつにまで急成長したサマンサタバサ

この先しばらくは、サマンサタバサの動向には目が離せそうもありません。

サマンサタバサのブランド展開について

サマンサタバサはメインブランドSamantha Thavasa(サマンサタバサ)をはじめ、様々なブランドを同時展開しています。
メインブランドSamantha Thavasa(サマンサタバサ) のコンセプトは 「エレガントで上品なファッション性」。マリア・シャラポワヴィクトリア・ベッカムベネロペ・クルスモニカ・クルスとのコラボレーションも行っているので凄く有名ですね。

Samantha Vega(サマンサベガ) のコンセプトは 「元気でキュート、実用性、トレンド感」です。大人のカジュアルといった感じのブランドとなっています。

SAMANTHA THAVASA NEW YORK(サマンサタバサニューヨーク) のコンセプトは 「都会的でありなおかつスタイリッシュ」パリスヒルトンの妹のニッキー・ヒルトンとのコラボレーションも行っています。

Samantha Thavasa Deluxe(サマンサタバサデラックス)のコンセプトは ずばり「ラグジュアリー」です。えびちゃんこと蛯原友里さんとのコラボレーションも行っています。

Violet Hanger(バイオレットハンガー) のコンセプトは 「知的でかっこいい」です。「CoolとSexyが融合され知的で自己表現の全てを知っている…。」そんな女性にふさわしいものが充実しています。強さと繊細さが共存するものといった様々なニュアンスを秘めて、グラマラスに仕上げたアイテムを多く取り揃えたブランドです。

Samantha Tiara(サマンサティアラ) - ジュエリーブランド。トレンド感、リッチ感をあわせ持つジュエリーを展開。普段の洋服のように、その日の気分やTPOに合わせて、ジュエリーを身に着ける…。そんな自分の楽しみ方を知っている女性に向けたブランドとなっています。

SAMANTHA SILVA(サマンサシルヴァ) - シルバージュエリーブランド。大人の女性の可愛らしさや遊び心のある商品を展開中。大きなものから繊細なものまで一際輝くトレンドのシルバージュエリーが揃っていて、ハート・クローバー・クロス・リボン・ティアラなどの細かな部分にまで凝った「ハッピーモチーフ」を数多く取り揃えているブランドです。

Samantha Thavasa Petit Choice(サマンサタバサプチチョイス) - 小物専用ブランド。2004年11月デビューした財布やパスケース、ポーチなどの小物ブランドです。
「バッグの中も可愛くコーディネートする」をテーマにファッション性に富んだ商品を展開中です。デザインだけでなく機能性も大切に考えたブランドです。

STNY(エスティニー) - モバイル専用ブランドです。 サマンサタバサ公式モバイルサイト「サマンサタバサ ワールドウォーカー」でしか購入できないモバイル専用ブランドとなっています。携帯からの購入者の方も多いようです。

SAMANTHA KINGZ(サマンサキングズ) - 若年男性向けメンズブランドで取り扱う商品はバッグや小物、ジュエリーとなっています。 アクティブで遊び心あふれる素材をふんだんに用い、コーディネートを一際輝かせる商品をラインナップ中です。


以上のようにサマンサタバサではメインブランドだけでなく、属性やシュチュエーションに合わせた幅広い展開を行っています。

サマンサタバサの運営会社って?

サマンサタバサを運営する会社の事はご存知でしょうか?
株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが運営会社になります。

以下、公式ホームページの情報からの抜粋によるサマンサタバサジャパンリミテッドの情報になります。

■商号 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド

■資本金 2,126,650,000円(2006年12月31日現在)

■設立 1994年 3月10日

■社員 506名(2006年2月28日 現在)

■事業内容 ハンドバッグとジュエリーの企画・製造・販売

■売上高 135億円(2006年2月28日 店頭小売ベース総売上高)

■本社所在地 〒107-0061東京都港区北青山1-2-3 青山ビル2F

役員

代表取締役社長
寺田 和正

専務取締役 藤田 雅章

取締役 菅原 隆司

監査役 井上  繁 (公認会計士・税理士)

監査役 守屋 宏一 (弁護士)

監査役 原田 明夫 (弁護士・元検事総長)

相談役 清水 重夫

顧問 人見 信男  (元警察庁交通局長・元警視副総監)

顧問 弘中 徹  (弁護士)

顧問 荒川 洋  (税理士・元高松国税局長)

顧問 渡辺 正武 (税理士)

顧問 早坂 仁一 (社会保険労務士)

顧問 千種 弘子 (社員教育)

監査法人 中央青山監査法人

以上が株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドの会社概要となります。
Google